一眼レフで子供を撮影しても被写体にピントが合わない

HOME > 一眼レフカメラの機種と機能 > 一眼レフで子供を撮影しても被写体にピントが合わない

一眼レフで子供を撮影しても被写体にピントが合わない

子供にピントが合わない







あなたは、ご自分のお子さんを一眼レフで
撮影する時に、被写体である子供にピントが
合わないことに悩まされてませんか?


せっかく買った一眼レフカメラ。

なのに、ピンボケして使いこなせない
というのは悔しいものですよね。


いくらお子さんがじっとしてたり、
その場から動かないにしても、
ピント合わせができないとなると、
たまったもんじゃありません。


ピンボケしてしまう原因ですが、
もしかしてあなたは、カメラ本体の設定を、
このようにしてませんか?
 
オートフォーカス(AF)のまま


そうなんです、被写体に
ピントが合わない殆どの理由は、
オートフォーカス(AF)のままです。


アナタは、「AFって何?」
と思われたかもしれません。

分かりやすい例えで言いますが、
あなたは、こんな経験はありませんか?

 

我が子を撮ったハズが







幼稚園・小学校の運動会や演劇会などで、
自分のお子さんを撮りたいのに、


左右・前後の
隣の子にばかり
カメラがオーカス
してしまう



一眼レフを使いこなせてない状態でしたら、
あなたにもこんな経験があったはずです。

だから、AFは使えないと察した人は、
 
マニュアルフォーカス(MF)


と言って、自分でピント合わせをします。

ですが、あなたが現時点、
ピント合わせはおろか一眼レフカメラの
他の機能すら分からないのであれば。


それを使いこなす良い講座があります。


この講座であなたも、せっかく良いカメラを
買ってもピント調整がうまくできず、
撮りたいものが撮れないという
悲しい思いをしなくて済みます。

ピントを合わせたい場所へ、
自在に合わせる方法が学べるのです。


「我が子を撮りたいのに隣の子にばかり
 オートフォーカスされる。」

「動物を撮りたいのに、
 手前の柵にばかりピントが合ってしまう。」


などなど、撮りたいものにピントを
合わせる方法をお伝えします。

大切なお子さんの写真は、やはり、
キレイな状態で撮り残しておきたいですよね。



一眼レフを使いこなす
(当サイトのメインページへ)






スマートフォンの方はコチラから

 

PAGE TOP