カメラ女子に対する風当たりが強いという女性の悩み

HOME > 写真家を目指す者としての悩み > カメラ女子への風当たりが強いという悩みを解決するには

カメラ女子への風当たりが強いという悩みを解決するには

カメラ女子というだけで

舐められバカにされる理不尽なこと







あなたが今このページをご覧に
なられているということは、
カメラ女子さんですね?

そして、そのあなたに対する風当たり、
世間からの白く見られる目線が強いと
お悩みなのでしょう。


良いじゃないですか、カメラ女子。

撮りたい被写体が、旅先や街の中にあるから
撮影を楽しんでるのでしょう。


でもあなたは、何故、カメラ女子に対する
風当たりが強いのかについて
真剣に悩まれていると思います。

大抵の理由は分かりますが、おそらく、


「女のくせに一眼レフを」


とか、強面の中年男性が睨んできたり、
上から目線であれこれ説教したりと。

もっと言えば、


「今時の若い女が一眼レフを
 持ち歩くなんて何事だ!」



と意味もなく罵声を浴びせられたり。

あなたもそんな苦い
経験をしませんでしたか?

そんなアナタにアドバイスを。

 

男からの批判は一切無視







分かります、我が物顔で撮影場所を
占領する男に限って偉そうにいばり、
それでいてマナーを守らない。

でも気にする事ありませんよ。


だって、そういう男が撮ってるものって、
女の裸体や立入禁止場所から撮った鉄道。

全然価値のないものばかりだから。笑


どっちがバカか、一目瞭然です。

でもあなたは、きちんとマナーを守り、
一眼レフを持っているのでしょう。


だから、他の女性の憧れの的になるよう、
堂々とされていれば良い事間違いなしです。

また、そういう女性を応援してくれる
良い男性もいますから、尚の事。

 

カメラ女子、もう一つの悩み。







さて、悩みと言えばもう一つ。

一眼レフ初心者の方にありがちですが、
カメラを使いこなせないという悩みです。


これに関しては、老若男女問わず
初めて一眼を手にされた方に該当します。

説明書はぶ厚いですし、機能が多くて、
専門用語も初めて聞く言葉ばかり。


あなたも、そんなお悩みはありませんか?

ですが、無理に勉強はせずとも、


わずか3ステップでカンタンに
“感動の1枚”が撮れる
ヒミツがあります!



あなたの写真が一瞬でプロ並みの
クオリティに生まれ変わる方法



あなたが、写真が上手くなるために
今必要なことは、旅先や色々な場所で
写真を撮る経験と、感動の一枚を撮る
方法を伝授してくれる先生の存在です。


アナタはただのカメラ女子ではありません。

憧れの的となるカメラ女子なんです。


そんな写真講座、知りたくありませんか?



今すぐ感動の一枚を撮る
(当サイトのメインページへ)





スマートフォンの方はコチラから

 

PAGE TOP