一眼レフで撮る薄暗い部屋のハロウィンパーティと人物写真

HOME > 季節ごとに撮りたいモノ > 一眼レフで撮る薄暗い部屋のハロウィンパーティと人物写真

一眼レフで撮る薄暗い部屋のハロウィンパーティと人物写真

薄暗い部屋を一眼レフで





秋と言えば、ハロウィンですよね。

特に、東京のディズニーランドや、
大阪のユニバーサルスタジオジャパンなど、
今まさにハロウィンシーズンで
盛り上がってることでしょう。


また、あなたはハロウィンパーティの
予定をされてるのかもしれませんね。

そんな時、記念写真を撮ると思いますが、
それもデジタル一眼レフカメラで。


ただ、とても気になるのですが、
ハロウィンパーティをする時って、
部屋を薄暗くしますよね?


そんな中、ハロウィンの衣装を
身にまとったご家族や友人を撮影する時に、
薄暗い部屋ですとブレてしまいませんか?


一眼レフの機種が、キャノンであれ、
ニコン、ペンタクス、フジフィルム、
そこはなんでもいいとして。

ハロウィンパーティーですから、
部屋の明かりとなる電気を消して、
何本かのロウソクだけ付けると思います。


一眼も含め、カメラというのは、
暗い場所での撮影を苦手とします。

そこでの人物撮影でもです。

 

一眼レフカメラを固定できても





「三脚を使えばいいのでは?」


はい、確かに三脚があればラクです。

ですが、三脚事態が無かったり、
あるいは使用禁止の部屋だとしたら?


それに、薄暗い撮影場所である以上、
カメラ本体は固定できたとしても、
撮影対象となる人たちが、
じっとしていられるでしょうか?

これ、結構大変なんですよね。;^^


シャッターボタンを押してから切れるまで
5~10秒はかかることもあります。

その間に、撮影される人が少しでも
動いたらピンボケ
してしまいますからね。

 

フラッシュさえも・・・





「フラッシュを作動させればいいよ。」


はい、一瞬でシャッターが切れるのが、
フラッシュ撮影です。

ですがそれですと、人の姿は写っても、
ロウソクなどの小さな明かりが
目立たなく写ってしまうことが多いです。


似たようなことがありませんでしたか?

花火と人物を一緒に撮ろうとして、
人だけ写って背後の花火が写らなかった
という失敗作ができたことを。


失礼ですが、おそらくあなた自身が、
今ある一眼レフカメラを十分に
使いこなせてないのかもしれません。

もしかしたら、カメラを手に取って、
まだ日が浅いのではないでしょうか。


そんな、アナタが今お持ちの一眼レフで
ハロウィンパーティーの様子を
いとも簡単に撮影できたら、
すごく良い記念になると思いませんか?



一眼レフカメラだから撮れる、
ハロウィンパーティーの写真を、
感動の1枚を撮影してみましょう。



ハロウィンの様子を撮る
(当サイトのメインページへ)





スマートフォンの方はコチラから

 

PAGE TOP