プロが使う一眼レフのカメラのモードダイヤルは?

HOME > 一眼レフカメラの機種と機能 > プロが使う一眼レフのカメラのモードダイヤルは?

プロが使う一眼レフのカメラのモードダイヤルは?

写真を活かすも殺すも

モードダイヤルの設定次第








日頃から一眼レフカメラを使うあなたは、
この言葉の意味がお分かりでしょうか?

カメラというのは、
コンパクトタイプでも一眼レフでも、
要はレンズ付きの暗い箱です。


そのレンズに入ってくる光の像を
絵という形で保存します。

最近では、CanonやNikon
といった大手メーカーの間で、
ミラーレス一眼というのが発売
されてますがソチラも同じです。


ただ、取り入れる光ですが、
少なすぎてはピンボケし暗い写真になります。

かといって、逆に光りの量が
多すぎても駄目なものです。


だから、カメラの設定が重要です。

そこであなたは、カメラ本体の
モードダイヤルを理解されてますか?

その上で撮りたいと思った景色を
撮影できたら良いのですが。

 

モードダイヤルはいくつ?

プロはきちんと使い分けてます







モードダイヤルは、

全自動(オート)

シーン別モード
(Tv、Av、M、A-DEP)


がありますよね?


実は、光の量によっては
モードを調整する必要があるのです。

プロのカメラマンたちは、
きちんと使い分け設定しているのです。


ですが、アナタを含め一眼を手に
取り始めたばかりの初心者の人は、

大抵はオート

あるいは

シーン別モード
(簡単撮影ゾーン)


に設定しっぱなしです。


この設定では、フラッシュを作動
させる必要がないのに、
オートモードやシーン別では勝手に
フラッシュが作動してしまいます。


そうなれば、全体が黄ばんだ
殺人現場みたいな写真になってしまいます。

プロからしてみれば、いえカメラの
仕組みを理解している人は皆、
オートやシーン別は不要です。


あなたも、そんな写真ばかりでイヤだから
こうしてアレコレ調べつくして、
このページをご覧になっているのですよね?


一生に一度しか訪れないような場所、
その瞬間でしたら、尚更、
プロと同じ視点で撮影対象を
見なくてはなりません。


ですがご安心を。

そんな、プロの視点で撮影できる
写真講座があるのです。



何を撮るのかはあなた次第です。

ただ、どう撮影したらいいか、
まだ分からないようでしたら、
この講座から学んで損はありません。



今すぐプロと
同じ視点で撮影する

(当サイトのメインページへ)






スマートフォンの方はコチラから

 

PAGE TOP