デジイチ初心者が花火をピンボケせずに撮る方法

HOME > 季節ごとに撮りたいモノ > デジイチ初心者が花火をピンボケせずに撮る方法

デジイチ初心者が花火をピンボケせずに撮る方法

デジイチで花火を




夏の季節ともなれば、
日本各地で花火大会が行われます。

あなたはその花火をデジタル一眼レフ
(デジイチ)で撮りたいと思いませんか?


花火の写真集なんかを見て、
あなたもプロの写真家が撮影したような
作品に挑戦されてるのかもしれませんね。


ただ、当然ですが花火は
夜に打ち上げられるものです。


デジイチもそうですが、カメラは基本的に
暗いところでの撮影を苦手とします。

それ故に、初心者によくあることですが、
全て撮った写真が皆ピンボケしてしまった、
出来の悪い写真ばかりという苦い経験です。


「三脚を使えば良い」


という人もいますが、確かに写真家にとって
三脚は良きパートナーです。

ですが、三脚の使用が禁止されている場所
でしか撮れないとなると?


じゃあ、自分だけで撮るしかありません。
 

1発目から撮りますか?




時に、あなたは花火が打ち上げられる時に、
最初の一発目からシャッターを切りますか?

もしかしたら、それが、


あなたが花火の写真が
上手く撮れない原因



なのかもしれません。

何故なら、花火がどこに打ち上げられるか、
どれくらいの大きさなのかも確認せず、
いきなりシャッターを切るのは無謀なのです。



花火が大体3000発
打ち上げられるとしましょう。

まず最初の数発で様子を見て、
構図と打ちあがる場所を確認しましょう。


つまり、構図を決める、ということです。

あなたの立ち位置にもよりますが、
大きすぎる花火ですと写真枠から
はみ出てしまいますよね。

 

人から教わると専門用語ばかり




とはいえ、あなたは今までに、
写真が上手い人から教わるも、
自分には理解できない説明で
付いていけなかったのかもしれません。

一眼レフは、説明書の内容もですが、
専門用語が多いです。


「暗い所ではISO感度を
 高く設定します。」

「花火を撮るならシャッター速度を
 上げてください。」

「F値、ちゃんと確認してる?」


とか、彼らは経験者目線で説明します。

初心者であるあなたにとっては
何のことか分からないですよね。


唯一の救いは、花火は明るい被写体です。

街の夜景と比べると、
三脚なしでも撮りやすいのです。

それでも、今のあなたにとっては
難しいのですよね。

 

花火を撮るプロになる




そうお悩みのあなたに、カメラの構え方、
ブレにくいシャッターの切り方といった
カメラのイロハが学べる!

そんな一眼レフ上達講座をご紹介します。


あなたが下記のように思われてましたら、
この講座はお勧めできます。



・何気なく撮っている写真を、
 感動の1枚として残したい。

・カメラはあるけれど、
 使いこなせていない。

・どんな設定で撮ればいいのかわからない。

・カメラの専門用語ではなく、
 写真が上手くなる方法が知りたい。



これからは、あなたも、花火だろうと
感動の1枚を撮る事ができるでしょう。

アナタの目的は、カメラの専門用語を
暗記することではありません。


勿論、花火に限らず、身の回りのモノを
対象としたスナップ写真、
大切な人を撮る家族写真など。

シーンごとにデジイチの設定を変えて
使いこなせるようになります。



花火をピンボケせずに撮る
(当サイトのメインページへ)





スマートフォンの方はコチラから

 

PAGE TOP