新着情報

2018/11/08 トップページを修正しました

2018/11/08 ギャラリーを更新しました

デジタル一眼カメラ上達講座TOP > 動物の写真撮影 > 猫をフラッシュ撮影していけない理由とは?

猫をフラッシュ撮影していけない理由とは?

 




猫のフラッシュ撮影はダメ!



あなたが、飼い猫や外出先で見かけた猫を
一眼カメラで撮影するとしましょう。

その時、誤ってフラッシュ撮影してしまってませんか?


やってしまったことがあるのでしたら、
ご理解して頂けると思いますが。

猫の目
光っちゃいますよね?




猫が失明する恐れがある







フラッシュ撮影すると猫の目が光るのは、
猫の目の中の

「タペタム」

に光が当たり反射し反応したときの色です。


そもそも、フラッシュ撮影は
猫の目にとって良くないのです。

最悪、失明する恐れがあるので、
絶対にしてはいけないのです。




何故フラッシュを使いたいのですか?







そもそも、何故、フラッシュ撮影に
頼る人がいるのでしょうか?

その理由が・・・



「猫の顔に影がかかってるから」

「フラッシュ焚いた方がピントが合いそうだから」

「暗いところですぐ撮れるようにしたいから」




あなたも、身に覚えはありませんか?

どんな理由があろうとも、猫に、
いえ動物にフラッシュは禁止です。




カメラ設定にも注意!







また、一眼カメラには

・オートモード

・接写やスポーツ

・ポートレート


などシーン別の設定があるのです。


それらは初心者向けのモードです。

が、良い写真を撮る上ではお勧めできず、
アナタが思うような写真を撮影
するための設定ができないのです。



何より、勝手にフラッシュが作動してしまいます!

故に撮られた猫には良い迷惑ですよね。


シーン別の中には、水族館など撮影する時の

「NOフラッシュモード」

もありますが、どっちみち使い物になりません。


それは、明るさを調整・設定できず、
極端に暗くなりすぎたり、または、
ざらつきのある写真になってしまいます。

それでは元も子もありません。






もちろん、一眼レフ、ミラーレス一眼に
限ったことではありません。

コンパクトデジタルカメラや、
携帯電話であるアイフォンのカメラも
フラッシュ撮影が可能ですよね。


いずれにしても、フラッシュはNGです。

何より、フラッシュを焚いたところで、
良い写真が撮れるとは限りません。



フラッシュ撮影は、場所によっては、
実際に目で見た風景と異なる写真になってしまいます。



見ただけで撫でたくなる猫の写真







とはいえ、アナタが一眼カメラを殆ど使ったことがなければ、
室内で飼い猫を撮影する時なんか、
そうなってしまいそうですよね。

フラッシュは焚いてはいけませんが、
あなたが一眼カメラで猫を撮りたいなら。



見ただけでカワイイと思う
猫の写真を真似するだけで
撮れるとしたら!?




上手く撮れてる猫の写真の大半は、
思わず写ってる猫を実際に触って
撫で焚くなるものばかりですよね?

逆に、下手な猫写真ってどうでしょう。


目が思い切り見開いてるほど凄く警戒して
撮影者本人から逃げるように
奥へ逃げたのか小さく写ってる猫の写真は
ポストカードとして欲しいですか?



そんな失敗作、いらないですよね?

アナタはどうかわかりかねますが、
沢山の人が、そんな失敗作ばかり撮ってるのです。


だから、もっと一眼カメラを使いこなすための、
撮影テクニックが上達する講座があります。


猫だけでなく、他の動物はもちろん、
夜景や風景を撮る上でも役立ちます。


学んで終わり、ではなく、
アナタがこれから撮影する写真を
一生保存したくなることでしょう。




猫を一眼カメラで
カワイく撮る方法はコレ!↓








 

動物の写真撮影|記事一覧

ペットや動物の写真を一眼レフカメラで上手く撮る方法

ペットの写真が劇的に上手くなるペットを一眼レフカメラで上手く撮る方法はコチラ一眼レフカメラで上手く撮る方法あなたは、大切なペットを写真に撮る時、特定の悩みはありませ...

犬が座るポーズを一眼レフで撮影するとピンボケする

犬が座るポーズを撮りたいあなたが飼われている犬が座る時、そのポーズを一眼レフを使って写真に収め撮影するとします。その時に、犬が動いてしまい、ピンボケしたデキの悪い写真しか撮...

犬が走る姿を一眼レフで撮影してもブレてしまう

犬が走る姿を撮りたいあなたが飼われている犬、特に走る姿を一眼レフで撮影する時、何に注意して撮ってますか?一眼レフは操作が難しいから、一般的なコンパクトデジタルカメラやスマホ...

猫をフラッシュ撮影していけない理由とは?

猫のフラッシュ撮影はダメ!あなたが、飼い猫や外出先で見かけた猫を一眼カメラで撮影するとしましょう。その時、誤ってフラッシュ撮影してしまってませんか?やってしまったことがある...