デジタル一眼レフのISO感度の設定が分からない時は

HOME > 一眼レフカメラの機種と機能 > デジタル一眼レフのISO感度の設定が分からない時は

デジタル一眼レフのISO感度の設定が分からない時は

ISOという専門用語






あなたは、初めてデジタル一眼レフカメラを
使うばかりに、そのカメラの多くの機能や
専門用語に悩まされてませんか?

特に初心者の方がよく躓くのが、
 
ISO感度


という言葉があります。

あなたは、この意味と設定も
分からないのかもしれませんね。


誤解してほしくないのですが、
別にバカにしてるのではありません。

むしろ初めてカメラを使い始めた人は
皆そうでしたから。


ISO感度とは、要はカメラが
光をとらえる能力を表す値なんです。

一眼レフには、100から
10000以上の数値を設定できます。


ISO感度が100という最も低い数値は、
太陽光が十分にある晴れの日に
静止画を撮る時に向いています。

では200以上から10000までは、
どんな時に設定するのかと言いますと。


これは、暗い場所を撮る時や
動くものを撮影する時に設定します。

つまり、100の状態から倍である
200に設定することで、
シャッタースピードも2倍になります。


動物や乗り物など、
動くものの撮影に有利になります。

200からさらに倍にした
400に上げた場合も同様です。




 

喰らい場所ではココに注意






夜景など暗いところで
撮影を行う時にも便利です。

ただ、こういった場所では、
シャッタースピードが遅くなります。


三脚を使ってカメラを固定しない限り、
手ぶれやピンボケが発生してしまいます。

あなたも、夜景などを撮影しようとして
シャッターボタンを押す際に、
こんな音に気づきませんでしたか?


カシャッ!
(速い/400以上)

カッ・・・シャ
(遅い/100)



そうです、シャッターが
切れるのが遅くなります。

その間にカメラ本体が少しでも
揺れてしまうとピンボケになるのです。


だから、ISO感度を高い数値に設定すると
シャッタースピードも速くなり、
ブレないで撮影できるのです。

 

それでもISOは分からない






「いえ、だからそのISO感度の設定が
 分からないから困ってるんですけど?」


これは、悩みを無視して
申し訳ありませんでした。

そんなあなたに、デジタル一眼レフの
ISO感度の設定方法や、
その他の機能全てが分かる、
一眼レフカメラ講座を紹介します。


この講座でISO感度の事が
まるわかりになります。

そして、ただきれいに撮るのではなく、
アナタらしさを表現する写真が
撮れるようになります。


想像をかき立てるような、
且つ感情がブワッっと蘇る。

そんな、人の心を動かす写真を撮る人は、
今までは一流の写真家しか知りませんでした。


それを、あなたがこれから
学ぶことができるのです。

一定の手順さえ覚えれば、機械音痴の方や、
80代の高齢者の方も習得できます。


むしろ、写真教室に通うだけでは
習得できないことが多いのです。

それに、それだけの時間的余裕が、
あなたにありますか?



人の心を動かす写真を撮る
(当サイトのメインページへ)






スマートフォンの方はコチラから

 

PAGE TOP